フリーランスとはひとつの会社や組織に属さず、複数の会社やクライアントとの間で一つ一つの仕事ごとに契約を交わして仕事をする働き方のことをいいます。会社員やアルバイトのように月給制や時給制ではないフリーランスは、仕事がひとつ完了するごとに給料がもらえる報酬制となっており、働いた分だけ報酬を手にすることができるのが特徴となっています。フリーランスというと、ひと昔前までは芸能や作曲、デザインなどある一定以上のスキルを持つ人のための働き方である印象が強かったですが、インターネットの普及によりネット環境やクラウドソーシングなどのサービスが充実している近年は、場所を選ばず仕事ができる新たな働き方であるフリーランスが注目を集めており、近頃はフリーランス向けの求人サイトも増えてきています。

フリーランスのメリット・デメリット

ライティングをはじめ、WEBやアプリの制作、イラストの作成などさまざまな分野で注目されているのが、フリーランスという新たな働き方です。フリーランスの最大の魅力というと、やはり時間が自由に使えるという点です。納期さえ守れば空いた時間は自由に使うことができるので、仕事が早く終わればショッピングに行くこともできます。また、会社勤めだと職種によっては平日の休みが取りにくく、逆に土日は人手不足でなかなか休めないなどと言ったケースも少なくありませんが、フリーランスであれば自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができるので、家族との時間も十分に取ることができます。しかし、フリーランスは正社員やアルバイトと比べて募集している求人がまだまだ少ないというデメリットもあり、フリーランスに転向しようと考えている場合には注意も必要といえます。

フリーランスの求人を探す方法とは?

働き方改革が進められている近頃は、正社員やアルバイト向けの求人サイト同様、フリーランス向けの求人サイトも続々と登場してきており、ひと昔前よりもフリーランスの仕事が探しやすくなってきています。求人サイトによって扱われている求人は異なるものの、登録料や手数料がかからない求人サイトがほとんどなので、未経験者や経験の浅い人でも応募しやすく、フリーランスでの仕事を希望されている場合はこうしたサイトを活用するのがおすすめです。また、案件の内容によっては高単価の案件も中にはあるものの、一般的にフリーランスというと案件数自体は多いものの単発で単価が比較的低い案件がほとんどで、なかなか安定した収入を得るのは難しいものです。しかし、報酬制であるフリーランスは掛け持ちもできるため、案件と案件との隙間時間を上手く活用したいなら複数のクラウドソーシングに登録し仕事を行うことも可能です。